万年筆

カクノ×すみっコぐらしの万年筆をレビュー!カートリッジインキの使い方も紹介

くうこ
くうこ
すみっコぐらしとコラボしたカクノ万年筆を買っちゃいました!

私、すみっコぐらしが大好きなんです!

しかもすみっコで1番大好きなとかげがモチーフだなんて!!

う…嬉しすぎます。

前回こちらの【万年筆初心者がカクノ(EF)とコンバーターを購入したので使用感をレビュー!】でカクノの使い方をご紹介したので、今回は以下の点についてレビューしていきます。

  1. すみっコぐらし×カクノの特徴
  2. カートリッジインキの装着方法
  3. FとEFニブの書き味を比較

前回はコンバーターを使用したので、今回はカートリッジインキを装着して使ってみたいと思います!

くうこ
くうこ
F(細字)とEF(極細字)の線幅、書き味の違いもすごく気になります!

それではレビューしていきましょう\(^o^)/

すみっコぐらしとコラボしたカクノ万年筆をレビュー

2021年1月に発売したすみっコぐらし×カクノのコラボ万年筆。

期間限定だと思うので、売り切れてたらもう買えない感じなんですかね?

こちらの【サンエックス公式サイト】にも紹介されていますが、リラックマとすみっコぐらしの2バージョンがあります。

ピンク色のリラックマも可愛い!!けれど、今回私はすみっコぐらしのとかげを選びました。

カクノ×サンエックス

  • カクノ細字(F)
  • リラックマ・すみっコぐらしの2種類
  • 本体価格 各1,980円(税込み)

詳細はこちら⇒サンエックス公式サイトへ

開封

くうこ
くうこ
さっそく開封していきましょう

まず、パッケージが鬼可愛いです!

ほこりやタピオカなどミニキャラがちりばめられています。これはファンだとパッケージも取っておきたくなる可愛さ!

セット内容

セット内容はこちらの3点。

入っていたもの

  1. 万年筆本体
  2. カートリッジインキ(ブラック)
  3. 取扱説明書

セット内容は通常のカクノと全く同じです

カクノの特徴やデザイン、そして使い方については以前こちらの【万年筆初心者がカクノ(EF)とコンバーターを購入したので使用感をレビュー!】で解説しているので、まだ確認していない方は読んでみてください。

万年筆初心者がカクノ(EF)とコンバーターを購入したので使用感をレビュー!万年筆初心者の私がPILOTのカクノを購入したので詳しくレビューします!万年筆やコンバーターの使い方はもちろん、実際に書いてみた感想もご紹介。ちなみにニブはEF(極細字)を選びました。少しでも参考になれば幸いです。...

キャップにとかげのイラストが入っている

コラボバージョンのキャップには『とかげ』のイラストが入っています!

魚を抱いて何やら思いふけている様子。

きっとお母さんのことを考えているんだろうなぁ( ;∀;)

ちなみにキャップに描かれているイラストは、パッケージに使われていたイラストと同じです。可愛いです!!

キャップの裏面には『kakuno』のロゴマークが入っていました。

これは通常バージョンのカクノと同じデザインですね。

ニブの顔

ニブに刻印されている笑顔マークのデザインも通常の白軸と同じです!

すみっコぐらしのカクノはEFと同じでウィンクした顔でした。

特にコラボだからと言って顔のデザインが違うという訳ではなさそうです。

くうこ
くうこ
キャップにイラストが描かれている以外は通常バージョンと全く同じ商品です

カートリッジインキの使い方

前回はカクノにコンバーターをつけて使用する方法をご紹介したので、今回はカートリッジインキを使ってみたいと思います。

カクノには黒色のカートリッジインキが1本ついてきますが、今回は別売りのブルーブラックのカートリッジインキをつけます。

くうこ
くうこ
実は私、ブルーブラックが大大大好きなんです!

世界中のブルーブラックインクを買いあさって色味を比較するのが夢であり憧れです!

そんなこんなで、セットについてきたブラックはまた今度使用するとして、今回は別売りのブルーブラックを付けて試し書きしていきます。

PILOTのカートリッジは全10色展開なので、ぜひぜひお好きな色のインクで試してみてください。

カートリッジインキの設置方法
  • STEP01
    軸を外す

    まず軸をくるくる回しながら外します。

  • STEP02
    カートリッジインキを差す

    ペン先を上に向け、カートリッジインキをそのまま真っ直ぐグサッと差し込みます。ちょっと力がいるので、怖がらずにグッと力を入れるのがコツです。

  • STEP03
    数分寝かして待つ

    軸を元に戻し、キャップをしてペン先にインクが来るまで待ちます。大体3分~5分くらい待ってみましょう♪

くうこ
くうこ
私の場合、全然インクが浸透してくれなかったので、カートリッジインキを2、3回指で押してインクをペン先に送り込みました

実際に文字や絵を書いてみた

ペン先にインクが来たので色々と試し書きしてみました。

ニブはF(細字)サイズです

前回紹介した極細字のEFよりもかなりなめらかな書き心地です!

EFは書いていて鋭さを感じましたが、Fサイズは紙への引っ掛かりもなく個人的にすごく書きやすく感じました。

細字なので細かい字も潰れにくく書き心地も抜群です!

くうこ
くうこ
EFよりもFの方が書いていて楽しい♪

なにより大好きなとかげのデザインなので、いつもよりも書いていて楽しいし幸福感も得られました。買って良かった。

カクノは通常価格1,100円(税込)ですが、すみっコぐらしとコラボしたこちらのバージョンはなんとお値段1,980円(税込)とかなりお高め。

でも仕方ない。。。

とかげの万年筆のためなら880円くらい高くても買っちゃうよ。

たった880円でこんなにも幸福感を得られるのなら安いものです^^

デザインもかわいいし、書き心地も良かったし大満足です!

FサイズとEFサイズの線幅を比較

カクノのEFサイズとFサイズのニブの線幅を比較してみました。

どちらも細かい文字が書けますが、より細かい文字が書けるのはやっぱりEFサイズです。

EFサイズのカクノは以下の記事で徹底レビューしているので、良かったら合わせて読んでみてください。

万年筆初心者がカクノ(EF)とコンバーターを購入したので使用感をレビュー!万年筆初心者の私がPILOTのカクノを購入したので詳しくレビューします!万年筆やコンバーターの使い方はもちろん、実際に書いてみた感想もご紹介。ちなみにニブはEF(極細字)を選びました。少しでも参考になれば幸いです。...
追記!カクノのEF・F・Mの線幅を比較しました
カクノ万年筆|EF・F・Mの線幅の太さと書き心地を比較してみたカクノ万年筆のEF(極細字)F(細字)M(中字)の線幅の太さと書き味を比較してみました。太さによってこんなにも書き心地が違うのかと驚きました。どのサイズを購入しようか迷われている方の参考になったら嬉しいです。...

ミニミニスケッチブックとクロッキーブックも可愛い

あとこちらは2021年3月に発売したマルマンのミニミニスケッチブックとミニミニクロッキーブックです。

手のひらサイズのスケッチブックとクロッキー帳がめっちゃかわいい!

クロッキーブックはインクの色見本帳として使うことにしました\(^o^)/

まとめ

すみっコぐらしのカクノ万年筆をゲットできて本当に嬉しいです!

ブルーブラックの色もすごく気に入りました。ちょっとレトロ感のある爽やかなマリンブルーって感じでとても好きな色味です!

カクノは低価格でデザインも可愛く、また初心者さんに優しい万年筆なので良かったら試してみてください。

カクノEF(極細字)とM(中字)は以下の記事にてそれぞれレビューしています。

万年筆初心者がカクノ(EF)とコンバーターを購入したので使用感をレビュー!万年筆初心者の私がPILOTのカクノを購入したので詳しくレビューします!万年筆やコンバーターの使い方はもちろん、実際に書いてみた感想もご紹介。ちなみにニブはEF(極細字)を選びました。少しでも参考になれば幸いです。...
PILOTカクノ万年筆|お手入れスポイト付きの限定バージョンを購入したのでレビュー!パイロットで人気の低価格な万年筆『カクノ』からコンバーターとお手入れスポイトがセットになった限定バージョンが登場しました!さっそく購入してみたので、どんな感じかレビューします。...

それではまた次回(^^)/